ろびたん通信:動作編【初代Robi】

・mixiで書いていた『初代Robi』の作成日記です
週刊ロビ(デアゴスティーニ・ジャパン)初代


ここで、各サーボモータ等の動きのまとめ。 

(写真の左側)
ボディ内部、背中側から。 
右わき腹にマザーボード的な基盤が入ってて、 
今はテスト用マイコンボード(SDカード)が入ってます。 

今は、首・腰のテストをすると、 
胸のスピーカから、ロビの声で 
「オッケー!」という声だけ流れます。 
(スピーカのテストでもある) 

けっこう突然「オッケー!」と言うんですね。
けっこうな音量で「オッケー!」と言うので、

ホラーです。 

肩の回転 
(気を付け→前へならえ、の方の動きをする) 
サーボモータ左・右と、 
腰の回転用サーボモータが胴の中にあります。 

両腕には、 
肩を開く(わきあいあい、の動作)モータが二の腕に、 
肘のモータが前腕にあります。 
手首動きません。 

(おなじ写真。その左側)
股を広げて下からのぞいたところです。 
おしりに、充電器を挿すところがあります。 

脚を左右に動かすモータが、骨盤に、 
脚を蹴り上げるモータが、ももに、 
ひざの曲げ伸ばしモータが、ひざに 
足首を前後にするモータが、くるぶしに、 
足首を内側に入れるモータが、足の甲に、 

入ってます。左右5こずつ。 

足首を左右に動かすことはできません 
(バレエの1番・2番…の足はできない) 

でも、これだけあると、 
片足に重心をかけたり、(休め、の姿勢) 
片足あげたり(アラベスク的な)はできるんですねー。 
すごいー。 

週刊ロビ(初代)
週刊ロビ(初代)

頭部は3つモーターがあります。

いいえと首をふるモータが、首に、 
うなづくモータが、左ほほに、 
肩こったなーと首を傾けるモータが、右ほほに。 

この、左右ほほの2つで、 
首が回る(首まわす運動の回転) 
ように、うまいことなってます。 

この、「うまいことなってる」仕組みがすごくって、 
90度ずつしか動かないモータ、2つと、 
ネジとか、スライドする穴、クランクパーツによって 
首が回るんですよねー。 

技術的な説明力がなく、 
ザンネンなんですが、
すばらしい機構なので、とりあえず、 
家族にはひとりひとり、
説明して、見せてまわりました。 

特典の『充電チェア』です。 
座ると、おしりの穴にささるようになってます。 
(おしりの穴……)

残り、10回切りました。 
6月はたぶん、顔回りのパーツ組み立て。 
7月には完成予定です。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です